AGCセラミックス株式会社新卒採用ページ

Person

2016年入社アディティブマニュファクチャリング室

桜木 優輔Yusuke Sakuragi

東京工業大学 総合理工学研究科 材料物理科学専攻
技術職
モノ作りに必要なものはお客様への思いやりの心。

現在の仕事について

「Brightorb」というセラミックス粉体と3Dプリンターを使用して、製造業務を行っています。製造するものは、鋳造に使用される鋳型やデザイン・アートに関する意匠造形体です。3Dプリンターは従来の製造プロセスとは大きく異なり、形状変更によるトライ&エラーが早く行えることから、日々、新しいことに取り組んでいます。約2週間サイクルで製造を行っており、様々なお客様から異なる形状の製品製造依頼がきます。現場主任として、少数ながら現場に指示をする役割を担っており、裁量の大きい仕事です。

趣味/学生時代/自己紹介

趣味/学生時代/自己紹介の写真

以前は会社のテニス部に所属していましたが、結婚と引っ越しを機に引退し、現在は姫路周辺で美味しい店探しを趣味としています。どちらかといえばインドア派で、ゲーム・アニメ・お酒・料理を嗜みますが、時には美味いラーメンを食べに県外まで遠征しています。たまに会社の先輩、後輩などと、自宅でパーティー(飲み会)も催しています。

趣味/学生時代/自己紹介の写真

就職活動での会社選びの基準

「楽しく仕事ができるかどうか」を軸としました。40年以上も在籍するため、楽しめないと積極的に取り組めず、いつか限界がくると考えました。AGCCの会社理念である「誠実」に自身の価値観が一致したこと、会社・社員の雰囲気が自身と一致したことから、「ここなら楽しめる」と、最後は直感で選びました。様々な会社選びの軸があると思いますが、ここだ!と感じたらその直感も大事にしてみてください。

将来の夢/仕事で実現したい夢

「お客様に喜んでもらえるモノづくり、そのために自身の知識・技術を活かす」が製造業に所属しようと考えた理由であり、それは現在も変わっていません。最近では、自分で開発した商品を市場にのせることができたため、売り上げを伸ばすことに尽力しています。開発商品を増やし、品質問題なくモノを製造することで、お客様にAGCCの価値を提供する、を念頭にモノづくりに励んでいきたいと考えています。